人気ブログランキング |

日本料理 夏見ー旬味来福ー

<   2009年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

蛸の桜煮

e0176392_14235340.jpg


1キロ少々の蛸を小豆と一緒に、落とし蓋をしてコトコトゆっくりと時間をかけて炊き上げます。
柔らかく甘辛い味です。2~3日寝かせる事で味がしみ込んで美味しいです。
蛸はこのように炊くのが好きで、桜の時期が終わっても小倉煮として、たびたび登場致します。


e0176392_1428256.jpg

昨日はお休みを頂き、家族と一緒に鳴門の妙見山へお花見に行きました。
いい天気で気持ち良かったです。
by ryouriya-natsumi | 2009-04-08 14:30 | 春の料理

さえずりのお椀

e0176392_10105718.jpg


さえずりは弾力があり、なかなか噛み砕けません。
その為このように切り分けてから切り目を入れて仕上げます。

e0176392_1011136.jpg


出来上がり! からしがよく合います。

e0176392_1011526.jpg
by ryouriya-natsumi | 2009-04-06 10:17 | 春の料理

わらび鍋

e0176392_1355269.jpg

先日ご紹介したわらびです。本日はわらび鍋でのご用意です。
阿波牛のロースの部分と一緒に、ひとり用小鍋ですき焼きにして召上がって頂きます。
by ryouriya-natsumi | 2009-04-05 14:00 | 春の料理

陶芸作家

e0176392_1591697.jpg私の好きな陶芸作家の方で、伊賀丸柱で作陶されています。
植松永次さんの作品は何か面白い。
土そのものをどのように見せて感じさせるか。
陶芸家と言うよりも造形アーティスト。そんな感じです。
作品は眺めるだけでも楽しめる器なのですが、そんな器に
料理や花をあしらって「これかっこいいよね~」なんて
言いながら楽しんで盛りつけています。
このブログを見てくださっている方に、器も楽しんで頂け
たらいいのですが!

器 植松永次
by ryouriya-natsumi | 2009-04-04 15:15 | 室礼

さえずり

e0176392_18135914.jpg


くじらの舌。脂肪分が多い部位です。
米ぬかを入れコトコト炊いて下処理し、お出汁に移し炊きます。
高級おでんといったところです。
今回は大根や小玉葱、白ネギ等と一緒にお椀物に仕上げる予定。
食材によっては出来たてが美味しかったりしますが、こちらは
2~3日寝かせた方が味がゆっくりしみ込んでいい塩梅になります。
2日後、この出汁は使わず新しい出汁に変えて仕上げます。
by ryouriya-natsumi | 2009-04-03 18:17 | 仕込み

肝佃煮

e0176392_0275070.jpgこちら鯛の肝です。
生姜と一緒にサッと炊き上げます。
by ryouriya-natsumi | 2009-04-02 00:28 | 仕込み