日本料理 夏見ー旬味来福ー

<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

菖蒲

e0176392_1512142.jpge0176392_1513183.jpg
もうすぐ端午の節句.
本日はこの菖蒲の器を使う予定です。
ハランを切り抜いて菖蒲に見立て、イカダを置いて盛りつけます。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-29 15:23

e0176392_14555213.jpge0176392_1456846.jpg
筍のたっぷり入った進上です。若布や鯛の真子を添えて
棒茗荷の針打がお椀をグッと美味しくしてくれます。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-27 15:03 | 春の料理

お食い初め

e0176392_16491330.jpge0176392_16464267.jpg
e0176392_1646586.jpge0176392_16474463.jpg
本日お食い初め(生後100日)のご予約を頂きご用意させて頂きました。鳴門の天然の鯛(1.2キロ程)を姿焼きに。
4〜5名様で召上がって頂いて丁度いいサイズだと思います。
・お膳 
 炊きたての白飯
 汁
 石    (石のように固い丈夫な歯が生えて来ますように)
 梅干し  (シワいっぱい出来るまで長生き出来ますように)
と願いを込めたお膳組です。
ご飯・汁・ご飯・魚・ご飯の順に食べさせるマネをして、これを3回繰り返します。
一生食べ物に困りませんようにと願いを込めて年長者に食べさせて頂いた方がいいそうです。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-25 18:18

本日のお造り

e0176392_22282095.jpge0176392_22275614.jpg
鯛の刺身を盛り付け中、少し厚めに切ったり、薄く切ったり。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-24 22:33 | 春の料理

e0176392_15215660.jpge0176392_1528658.jpge0176392_15281992.jpg鯛は骨やウロコを除けばどこも美味しく食べられる所ばかりです。そんな今日の鯛は雌で真子が入っていました。それぞれの部分を焼いたり煮たり蒸したりと楽しめます。胃袋や腸は塩辛にすると美味しいです。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-22 15:49 | 素材

本日のお客様に

e0176392_13121855.jpge0176392_13123494.jpge0176392_13124342.jpge0176392_13125828.jpge0176392_1313792.jpge0176392_13131989.jpge0176392_13132969.jpge0176392_13134253.jpg

鯛のお腹には最近白子や真子が入っています。本日は白子を茶碗蒸(柔らかいほうれん草の葉で包んでいます)。
お刺身は鯛とヨコ
筍焼きや春野菜の天婦羅、唐墨の表面炙ってお茶漬けにしました。
最後のデザートは小さなトマトのコンポート等の盛り合わせです。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-19 15:38

焼き物

e0176392_221291.jpge0176392_2214079.jpg
イサギを塩焼きでご用意しました。綺麗で新鮮な身なので、お刺身でも美味しく召上がってます。
焼き上がったイサギにお茶の葉の天婦羅や蕗の薹を盛り付け仕上げます。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-16 22:57

若葉

e0176392_14561396.jpge0176392_14563252.jpg
新緑の季節になり、色んな樹々の柔らかな葉が出てきました。
お茶の葉は天婦羅で食材として使っています。
紅葉もこれから大活躍です。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-15 15:02

小さな 花 器

e0176392_15131634.jpg器 クリスチャンヌ・ペロションe0176392_15133037.jpg
花 姫うつぎ 器 植松永次
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-14 15:27 | 室礼

本日のデザート

e0176392_1643568.jpg

わらび餅の柔らかさと優しい甘さを召上がって下さい。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2010-04-12 16:49 | 春の料理