日本料理 夏見ー旬味来福ー

<   2009年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

自家製塩辛

e0176392_9584592.jpg鯛のお腹には美味しいものばかりです。
真子や白子、胃袋、肝。
こちらは胃袋と腸を塩辛にしたものです。
これで一杯いけます!


e0176392_1003328.jpg

少しずつ赤楽のつぼつぼに

好き嫌いがあると思います。ブログを見てくださった方是非声をかけてください。
ご用意出来ます。少量なので品切れの場合はすみません!
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-31 10:02 | 仕込み

わらび

e0176392_10351632.jpg三好郡産の蕨です。
灰汁抜きができ、きれいな色に仕上がりました。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-30 10:34 | 素材

のれそれ

e0176392_10363110.jpgアナゴの稚魚らしい。
自家製ポン酢にて

器 クリスチャンヌ・ペロション
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-28 10:40 | 春の料理

お弁当

e0176392_16121410.jpg

いつもお世話になっている方へ差し上げるために、お弁当を
詰めました。

徳島も桜の花が開花となり、今年のお花見は何処へ行こうか
迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
当店では今のところお花見弁当のご用意は致しておりません。
来年こそは、お花見弁当のご案内を出したいと考えながら
なかなか対応できないまま、今日に至っております。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-27 16:20 | 春の料理

日本酒

e0176392_14151245.jpg

お酒を飲めない方は残念なのですが。
料理を楽しむのもお酒を楽しむのも、どちらかがないと非常に残念です。
四国のお酒を味わってください。美味しいお酒です。
純米酒を冷やして飲むのも美味しいですが、軽く温めて飲むのも美味しいですよ!

高知(酔鯨)・徳島(若松)・香川(凱陣)
四国以外、少し離れた場所のものを飲みたい方に、別のお酒もご用意しております。
お好みをお申し付けください。
[PR]
by RYOURIYA-NATSUMI | 2009-03-26 14:21 | お酒

文旦の皮

e0176392_1456073.jpg文旦は実の部分を食べて、皮の部分は
捨てられる運命です。
高級食材もいいけれど手間はかかりますが
こちらも立派な食材です。
美味しいと思って頂けたら
文旦も私も嬉しいです。


e0176392_14554993.jpg

伊賀焼 植松永次
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-25 14:59 | 仕込み

桜鯛

e0176392_10114943.jpgこの時季の鯛には白子、真子が入っています。
どちらも美味しく、調理法も幅が出来てどのようにしようか迷ってしまいます。
今日も男前のいい鯛が入りました。


e0176392_10133067.jpg鳴門の天然鯛にはよくこのようなコブが見つかります。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-24 10:14 | 素材

文旦

e0176392_151971.jpg本日のデザート。
文旦の実の部分はコンポートにして
小豆と一緒に!
徳島(鳴門)大谷焼  矢野陶園


e0176392_1545271.jpg皮の部分はピールにします。
何度も茹でこぼして砂糖で甘く煮ます。仕上がりは後日。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-23 15:05 | 仕込み

だし

e0176392_9201538.jpg当店では鰹の本節と真昆布を使って
お出汁を取っています。
日本料理の味付けの元となる物ですので
良い物を、そしてお客様に喜んで頂ける
ようなお出汁が取れるように気を使って
います。

私どもの所に来るまでにたくさんの方達
のご苦労があった事だと思います。ここ
からは私共がバトンタッチをし喜んで頂
けるよう料理しなければなりません。

e0176392_9214818.jpg

e0176392_925157.jpg



半分に折ってありますが、
乾燥した状態で長さ170㎝の真昆布。
e0176392_9295194.jpgさかさまに押された1等級印。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-21 09:32 | 仕込み

アンコウ鍋

e0176392_238491.jpg


お客様よりアンコウ鍋コースのご注文を承りました。
アンコウの季節は忘年会、新年会の時期で2月いっぱいぐらいでしょうか?
少し時期が遅い感じがしましたが、地もののアンコウが入ったので、
身は美味しいもので良かったです。しかし、やはり肝は小さかったです。

アンコウの七つ道具と言われ、部位によって食感、美味しさの変化が楽しめます。
一匹の魚で色々楽しめるのでおすすめです。
又年末になりましたら、こちらの鍋コースもよろしくお願い致します。

※七つ道具とは、皮・ヒレ・肝・エラ・身・卵巣・胃袋です。
[PR]
by ryouriya-natsumi | 2009-03-20 02:42 | 季節もの